スキンケアの最近のブログ記事

美白やシワの解消にフェイシャルエステに通う方も多くなっています。
フェイシャルエステのサロンをどこか決めるとしたら、どんなお肌の悩みがあるかということだとか、お金のことも選択要素になってきます。
それを考えると、何よりトライアルエステプランを展開しているエステサロンに行ってみるのがおすすめです。
例えば自分自身の顔が大きめなのは、何が元となっているのかを探って、あなたの個性に適した「小顔」を手にする方法を実践することができれば、憧れの麗しいあなた自身に近づくことでしょう。
http://xn--ick8azb5334b4ip.xyz/

これからアンチエイジングに取り組もうと考えたら、最初に思いつくものが数万円する美容クリームかもしれません。
ところが表面からのみ保護すればいいということではなく、健康状態の良い体内を狙って普段の食物の面で体を内のほうからも大事にするのが肝心です。
近年注目されていますが、アンチエイジングの妨げとなる要素が活性酸素の存在で、体内にある組織とか細胞を酸化させて老化の一途を辿らせていってしまう要因となります。
そういう理由から抗酸化作用のある食品などを補てんすることによって、大切な細胞のエイジング(老化)を防ぐことが大切になります。

数あるエステサロンから一つを選ぶ際に失敗に至らないより良い方法は、それまでに施術された人からの評価を紹介してもらうのが必須だと感じます。
経験者に聞けないなら、口コミをチェックするのがひとつの方法です。

スキンケアに迷ったら....

正しいスキンケアというものがあるのか?という疑問が湧きました。

肌のきれいな人に聞くということが1つの手段としてあるんですが、特に何もしてないとか
化粧水で保湿してますとか当たり前のことしかいわないケースがほとんどですよね。

結局は遺伝じゃないのか?というのが綾瀬はるかさんを見ていて思うんですが、多分
その通りだと思います。化粧品メーカーも「美肌は遺伝です。」なんていったら化粧品は
売れなくなるでしょうからね。

まぁ、7割は遺伝だと思ったほうがいいでしょう。

残り3割をどうするか?ですがこれが一番難しいです。というのもみんないうことが
バラバラだからです。皮膚科の先生は、肌の本来のきれいになろうとする力を信じて
何もするなといいますし、化粧品メーカーの人は化粧品を使えといいます。

どっちが正しいんでしょうか?⇒賢人の保湿ケア

一番わかりやすいのは、マイクロスコープを買って、肌の状態を記録しながら
スキンケア前と後を比較することでしょうね。こうすれば肌がきれいになっているか
どうかというのは凄くよくわかると思います。

答えは肌に聞け!が正解ってことです。
わけです

そろそろ2月に発表される美白コスメの新作が分かる時期です。
まぁ毎年パワーアップするんですけどね。

資生堂HAKU、CHANEL、あとわかんないですけど、最近はなんだか美白も
人気ブランドの新作というのが定番になってきてますよね。

で、2年前に問題起こしたカネボウからも美白の新シリーズが発表されるとのことです。
まさか問題になったロドデノールを使っているということはないと思うんですが、見方を
変えるとめちゃくちゃ効果がある美白成分ともいえるわけです。

だって、本当に白くなったわけですから。詳細→カネボウ白斑問題に学ぶ

とはいえ、リスクを上手くコントロールできないので、まぁこれは夢のまた夢の話です。
とある美容研究家は美白成分はリスクを考えると、新成分よりも昔からよく使われて
いるもののほうがいいっていってましたからね。

なるほど、と思いました。

それより何より美白ケアのポイントは、紫外線ダメージを防ぐことと、肌の新陳代謝を
保つことの2点です。これを徹底すればリスクのある美白コスメを使う必要はないです。

細胞が若くてピチピチしていれば、シミなんてできないですから。

美白成分を頑張って肌に与えるのではなくて肌全体の総合力を高めるお手入れを
することが実はもっと確実で効果があり、安全な美白なのかな?と最近は思います。

アンチエイジングの限界と可能性

老けるって嫌だなーって思いません?

年齢を重ねるほど熟成していくみたいな考えを持っている人もいますけど、
介護を経験したことのある身としては老化というのはいいことないですね。

頭もボケるし、身体も動かなくなるし。プラスになることもあるとは思いますが、
失ってしまうものの方が明らかに多いと思います。

年齢を重ねてもいいんですが、ダメなのが老化なんですよね。見た目に醜くなるし、
肉体年齢を維持できないというのが最大のネックです。

いまのところアンチエイジングについては生活習慣等で遅らせることしかできません。
老化をストップさせたり、若返らせるということはできないです。

iPS細胞に代表される再生医療がどこまで進歩するかによりますけどね。

とにかく紫外線を避けて、ペプチド成分で肌をスキンケアするしかないです。ペプチド成分
というのは若返り成分です。目元美容液などに多く配合されています。

注目⇒目元専用美容液ランキングはコチラ

目元美容液はおそらくいろいろあるスキンケアアイテムの中で一番、シワやたるみへの
効果が高いものです。なので、目元ケアにはもちろんのことほうれい線にも使えます。

シワやたるみに悩んでいるなら試してみるといいかもしれませんね。

ニキビができたらどうしますか?というアンケートで一番多かった答えというのが
「ニキビを潰す!」だったということを聞いて驚愕しています。

まぁわからなくはないですけど、ニキビを潰すとむしろ雑菌が侵入して炎症がひどく
なってしまうこともあるので注意が必要ですよね。気をつけないといけません。

で、どうやってニキビを治したらいいか?ということなんですが、炎症を起こす前は
ビタミンCコスメを使ってケアするのが一番いいです。この時点で皮膚科にいくという
意見もありますけど、まだいかなくてもいいと私は思います。

赤く炎症を起こしてしまったらニキビ治療薬です。

市販のものでもいいんですが、範囲が広いとか赤くジュクジュクしているという場合は
炎症も重症なので皮膚科で抗生物質をもらったほうがいいと思います。

詳しくは>>赤い炎症ニキビを治す方法

炎症が起きてしまったらもう潰したり、スキンケアなんてことはやっていないですぐに
皮膚科に行って薬をもらうようにしてください。1分1秒でも早く炎症鎮めないと毛穴が
ダメージを受けてニキビ跡が残ってしまうからです。

ニキビ以上にニキビ跡は治りませんから本当に苦しむことになります。

炎症起こさないようにビタミンCでスキンケア、炎症を起こしたら皮膚科にいくというのが
正しいニキビに対する対処方法だと思います。覚えておきましょう。

美白コスメの品質は値段に比例する!?

すっかり春めいてきましたね。

ということで気になるのは何と言っても紫外線です。私は敏感肌なんですが、
この季節、花粉やらなんやらで肌がすごくムズムズするし、痒いんですね。

この状態で刺激が強い美白化粧品なんて使えないと思っていたんですが、どうも
調べてみると敏感肌でも専用のクリームを使えば肌の刺激やかゆみを防ぎつつ、
しっかり美白できるそうなんですね。

参考サイト→敏感肌でも使える美白クリーム特集

私の知らない間にこんなにすごい進歩を遂げていたなんて。普段はプチプラコスメで
スキンケアしているだけに高機能なものとなるとさっぱりでしたが、これを機会に
もうちょっといいモノを使おうと思います。

やっぱりコスメというのは値段と品質って比例しますよね。

30代すぎて肌への効果を求めるならケチってはいけないなーと強く思いました。

効果があるのは医薬品。効果がないから化粧品、健康食品。

というのは頭の片隅にいれておかないといけないことですよね。実際その通りなんです。
化粧品や健康食品のなかにはさも凄い効果があるように見せてますけど、じゃそれって
なんで医療で使われてないの?って話なんです。

シワがなくなるとか、ほうれい線が消えるとか、ひざの痛みの消えるとかetc...。

美容にかんしていえば確実に効果があるのは美容医療だといわれていますよね。
レーザー治療だったり、よくわからない〇〇波を使った治療など、興味はあるけれど、
高いし、怖いしで手が出せない人がほとんどだと思います。

そういうときはしっかり情報収集することが大切。広告なしのサイトであれば情報も
中立なので参考になるのではないかと思います。

例えばこれ→シワたるみ対策最前線

シミやくすみはギリギリ化粧品でなんとかできてもシワやたるみはどうにもならない
と思います。そのためエイジングケア化粧品というのは基本的には役立たないはず。

医学博士の北條元治氏にいわせるとスキンケアで効果があるのはUVケアと保湿だけって
いってましたからね。(著書:妻の化粧品はなぜ効果がないのかは必読です!)

毛穴とか美白とかエイジングとかは期待しないほうがいいってことです。実際にある
アンケートではこうした化粧品の効果を感じたことがあると答えた人は3割だけだった
そうですから。

ほとんどの女性は効果はないことにはうすうす気づいているんだけれど何もしないと
もっとひどくなりそうだから不安ということだと思うんですね。


ニキビ後のシミに苦労しています。

20代にニキビが顔の頬部分にたくさん出来できていました。

それを一ずつ潰していきました。洗顔とか、お手入れとか、何もしていなかったので、
30代になってからシミになってしまいました。

左右の頬の目の下に、茶色のシミが沢山できてメイクをしても隠れなくて苦労しました。
20代にニキビを潰したことを後悔しても手遅れでした。

シミを何とかお手入れで消すことは出来ないものかと、あらゆる化粧品を使って
お手入れしてみましたが、キレイに消えることはありませんでした。

シミは、特に女性の身体の状態と深く関わっていることもあります。お手入れだけ
ではなくて、食べる物やメンタルな事なども関係しています。

シミを消すのは難しいですが、体調を整えながらお手入れし、少しでも薄くして
いけるように努力しています。

美白美容液ランキング|口コミと効果で人気!売れてるのはこれ

毛穴が大きかったり、黒ずんでいると意外と目立ちますよね。イチゴ鼻という表現は
すごく的を得ていると思うんですけど、本当にイチゴのように毛穴が目立ち、皮脂が
びっちりと詰まっているのが分かります。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちスキンケアカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリは健康です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.25